キャラズ - キャラクター図鑑 -


名前
くうじょうふりぃ
空条ホリィ
出身国・出身地 アメリカ
性別

概要 承太郎の母。甘えたな性格で、息子の承太郎にも乙女のように接する。ただし芯には強い部分もある[1]。ディオの影響で発現したスタンド能力のせいで、命の危険にさらされる。
その他の身体的特徴 首の後の左側にジョースター家の印である星型のアザがある[2]
親族・身内 空条承太郎(息子) 空条貞夫(夫) ジョセフ・ジョースター(父) スージーQ・ジョースター(母)
特技・資格・特殊能力
  • スタンド能力:ジョセフのハーミットパープルに似た、木苺のような見た目のスタンド。
略歴(戦歴、学歴、職歴、賞罰など)
  • 1987年 承太郎とアヴドゥルとの戦い。留置場に引きこもる承太郎を外に出すためにジョセフの依頼によって始まる。力では拮抗していたものの、アヴドゥルの挑発により承太郎が牢から出たことで終了。外に出たのでいちおう承太郎の負け。[3]
  • 1987年 承太郎やジョセフにスタンド能力が発現したように、ホリィにもスタンド能力が発現。しかしホリィの場合はスタンドを制御できず、高熱を出して倒れる。アヴドゥルによって、50日以内に何とかしなければ死ぬと言われる。そのため倒れたホリィを救うため、ディオを倒すことを決意した承太郎らはエジプトに向けて旅立った。[4]
  • 1988年 その後、スタンドによる心臓マッサージでジョセフの心臓を動かし、さらにディオの血をジョセフに与えることでジョセフが生き返る。またディオの死体は朝日に当てて完全消滅させ、これによりホリィは元気になる。
    ポルナレフは故郷フランスに戻ると告げてジョセフや承太郎と別れ、互いにエジプトを去る。[5]
※上記はこのキャラが関連するイベントだけの抜粋です。もっと範囲を広げた出来事一覧は次のリンク先を参照: ジョジョの奇妙な冒険 第三部スターダストクルセイダース
脚注
※本のリンク先はAmazonです。
  1. ^ 単行本13巻 p.161
  2. ^ 単行本13巻 p.57
  3. ^ 単行本13巻 p.43
  4. ^ 単行本13巻 p.138
  5. ^ 単行本28巻 p.180
更新:2012-12-30
comments powered by Disqus